離婚の手続なら当事務所にてご安心下さい

名古屋市 相談 手続き

HOME > 離婚

こんな人はお読みください

今度、離婚をするのだが、養育費とかの約束を紙にのこしたい

離婚をしたが、住宅の名義を私にかえてほしい

費用、解決日数、必要書類

相談費用:無料

日数:10日~(場合によります)

書類:登記事項証明書・印鑑証明書・戸籍・住民票等、
まずはおてもとにあるものをお持ちください

離 婚

離婚は大きく分けて

1.協議上の離婚

2.裁判上の離婚

の2つに分けられます。 では、それぞれについて記述しましょう。

1.協議上の離婚

これは簡単です。結婚した時と同じように、2人でお役所の用紙に署名し捺印をすれば良いのです。ただ、現実はそんなにうまくいきませんよね。

例えば、

 ・子供の問題

 ・財産分与

 ・慰謝料 等々

 これらの問題はどうしましょう。口頭で約束したり、紙に書いて印鑑を押したり・・・。勿論それでもかまいません。但し、ただでさえもめている中で、口約束だけでは不安ですよね。では、どうするか。方法としては公正証書にまとめておくことが多いようです。

 でも、そんな事やった事が無い方が普通でしょうし、何を書いていいかも分かりませんよね。そんな時はお電話を下さい。面談の上、我々に出来る最大限のアドバイスをさせていただきます。事情は千差万別ですので、一概に「こうだー」とここでは語り尽くせませんが、親身になって相談に応じます。公正証書の証人になることもしばしばあります。

2.裁判上の離婚

 裁判上の離婚は簡単ではありません。裁判上の離婚は難しく言うと、協議離婚、調停離婚が成立せず、審判離婚がなされないときに、夫婦の一方の一定の原因に基づく離婚の請求に対して、裁判所が判決によって婚姻を解消せしめることをいいます。離婚原因とは以下のことです。

・配偶者に不貞な行為があったとき

・配偶者から悪意で遺棄されたとき

・配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

・その他婚姻を継続し難い重大な自由があるとき


  ただ、上記の事由があったとして、すべて離婚の請求が認められるとは限りません。簡単にいうとケースバイケースなのです。

 追記するならば、実務上「裁判上の離婚」になることはほとんどありません。家庭に関する事は「調停前置主義」に基づき調停による解決がなされることがほとんどです。まあこれが一般的に言う「裁判離婚」かもしれませんが・・・。調停とはどのようなものかというと、テレビで見る裁判風景よりソフトなものとイメージして頂いて結構だと考えます。

 勿論、調停をするとしても、申立書を書かなければいけません。その点はご相談に応じます。理由はやはり人それぞれですね。「夫の不貞」「夫の暴力」「妻の家出」「妻の虐待」「性格の相違」とかたくさんの事案がありますよ。

PageTop


メニュー

事務所概要

司法書士ふくい事務所

〒470-1112
愛知県豊明市新田町
子持松11-8

電話:0562-95-0808

FAX:0562-95-1789

県道57号線
「瀬戸大府東海線」
豊明市役所の南西に隣接

名古屋鉄道本線
「前後駅」、「豊明駅」
いづれからも、車で5分

業務 対応可能 地域

  • 愛知県
    •  豊明市
    •  名古屋市 緑区 中区 港区
    •      東区 西区 南区 北区
    •      中村区 千種区 昭和区
    •      瑞穂区 熱田区 中川区
    •      守山区 名東区 天白区
    •  豊橋市
    •  岡崎市
    •  半田市
    •  碧南市
    •  刈谷市
    •  豊田市
    •  安城市
    •  西尾市
    •  常滑市
    •  東海市
    •  大府市
    •  知多市
    •  知立市
    •  尾張旭市
    •  高浜市
    •  日進市
    •  長久手市
    •  みよし市
    •  愛知郡 東郷町



HOME - 相続・遺産分割協議 - 遺言 - 相続放棄 - 贈与 - 財産分与 - 成年後見 - 会社設立・法人登記

所有権移転 - 抵当権抹消 - 離婚 - 債務整理 - よくある質問

事務所概要 - リンク集 - サイトマップ